コンテンツへスキップ

当社の製品

製品ラインナップ

放射線検出センサーと線量測定システム

RADFET(放射線検出電界効果トランジスタ)と呼ばれるバラディスの放射線検出センサーは、放射線感度に最適化されたディスクリートPチャネルです。このマイクロエレクトロニックチップは、高エネルギー(イオン化)放射線に感応するように特別に設計されています。

バラディスの費用対効果の高いRADFETは、小型で頑丈、放射線を検出するために電力を必要とせず、放射線測定アプリケーションに簡単に組み込むことができます。

お客様の設計に組み込む個別のRADFETのみ、または開発時間とコストを削減して最適化されたRADFET読み出しモジュールのいずれかを選択できます。

バラディスRADFETが選ばれる理由

  • 広範囲なダイナミックレンジを持つ市場最小の放射線測定センサーです
  • 3000cGy以上の放射線を受けた後でも効果的に機能する。
  • アクティブ検出器とパッシブ検出器の長所を併せ持ちます
  • 消費電力ゼロのパッシブモードでも、アクティブモードでも動作するように設計されています
  • アクティブパワーディテクターとは異なり、破滅的な事象でも影響を受けません
  • バラディスのコンポーネントとモジュールは、ワイヤレスネットインフラに簡単に組み込むことができます。

RADFETデジタル読み出しモジュール

欧州宇宙機関(ESA)とのパートナーシップにより設計されたVT-DRM(S)は、様々なRADFET技術に最適化されたRADFET読み出しを提供することを目的とした全電離線量(TID)測定モジュールです。VT-DRM(S)は、100nmと400nmのRADFETを様々なセンスモードで利用し、リードアウトと照射(センス)モードの両方をカバーします。

このモジュールはデジタル化されたしきい値電圧を出力し、この電圧は積算放射線量に直接関係します。温度によるしきい値電圧のドリフトを補正するように設計されており、VT-DRM(S)は広い温度範囲にわたって安定した読み出しを提供します。VT-DRM(S)はホストと簡単に統合できます。VT-DRM(S)は標準SPIプロトコルまたはisoSPIでホストと通信します。

 

RADFET読み取りモジュール

各RADFET読み出しモジュールには、PADFETとその読み出しのための主要な回路を内蔵しており、PCBに直接はんだ付けするか、標準的なスルーホールヘッダコネクタを介してシステムに簡単に組み込むことができます。

モジュールは、RADFETの積算放射線量に関連するバッファ付きアナログ電圧(RADFET閾値電圧)を出力します。

バラディスRADFETのために特別に設計され、最適化されたRADFET読み出しモジュールの電流源は、温度によるRADFET閾値電圧のドリフトを最小限に抑えるために、部品ごとに調整されています。

RADFETの閾値電圧は、標準的なアナログ・デジタルコンバータとの統合が容易なようにバッファリングされており、電子機器設計を大幅に簡素化します。

TTLロジック・レベルの制御信号により、望ましいモードを簡単に選択できます。

VT01 RM-VT01-A 6リードSOT-23プラスチック 1 cGy (1 rad) to 1 kGy (100 krad) 2.9 x 2.8 x 1.1
VT02 RM-VT02-A 8リードセラミックサイドブレイズ 1 cGy (1 rad) to 1 kGy (100 krad) 10.3 x 7.9 x 3.05
VT03 RM-VT03-A 6リードSOT-23プラスチック 3 mGy (0.3 rad) to 10 Gy (1 krad) 2.9 x 2.8 x 1.1
VT04 RM-VT04-A 8リードセラミックサイドブレイズ 3 mGy (0.3 rad) to 10 Gy (1 krad) 10.3 x 7.9 x 7.4
VT05 該当なし 6リードSOT-23プラスチック 1Gy(100ラド)~10kGy(1Mrad) 2.9 x 2.8 x 1.1
VT06 該当なし 8リードセラミックサイドブレイズ 1Gy(100ラド)~10kGy(1Mrad) 10.3 x 7.9 x 7.4
RADFETデジタル読み出しモジュール
VT-DRM(S) 該当なし 該当なし TID > 5 krad (Si)
RADFET Reader
RADFET Reader Pro 該当なし 該当なし 1 cGy (1 rad) to 10 kGy (1 Mrad)

必要な投与量を測定できる製品が見つからない場合は、具体的な必要量を当社まで直接ご連絡ください。

線量 1 cGy (1 rad) ~ 1 kGy (100 krad)

プラスチックケーシング

バラディスRADFET VT01

6リードSOT-23プラスチックパッケージの400nm RADFET
1cGy(1rad)~1kGy(100krad)の線量に対応

RADFETの臨界領域はゲート酸化膜です。ゲート酸化膜における放射線誘起電荷の生成と捕獲により、放射線被爆はRADFETの出力電圧を変化させ、この変化は放射線量に関連します。RADFETの応答は非線形であり、線量を読み取るにはあらかじめ記録された検量線が使用されます。読み出しは、バラディスRADFET VT01にDC電流(10数μAの範囲)を強制的に流し、DC電圧(0.5~0.8ボルトの範囲)を測定することによって行われます。

重要情報: VT01 RADFETは、1cGy(1 rad)から1kGy(100krad)までの広範囲なダイナミックレンジを持っています。本製品の機能と限界を十分に理解するために、データシートをご覧ください。

RM-VT01-A

バラディスRADFETモジュール RM-VT01-A

6リードSOT-23プラスチックパッケージの400nm RADFETを使用
1cGy(1rad)~1kGy(100krad)の線量に対応

RM-VT01-Aは、バラディスVT01 RADFETのために特別に設計され、温度による閾値電圧のドリフトを最小限に抑えるために、電流源を部品ごとに調整し、最適化されています。

セラミックケーシング

バラディスRADFET VT02

8リードセラミックサイドブレイズパッケージの400nm RADFET
1cGy(1rad)~1kGy(100krad)の線量に対応

VT02は密閉式で、プラスチック製よりわずかに大きい。RADFETの臨界領域はゲート酸化膜です。ゲート酸化膜における放射線誘起電荷の生成と捕獲により、放射線被爆はRADFETの出力電圧を変化させ、この変化は放射線量に関連します。RADFETの応答は非線形であり、線量を読み取るにはあらかじめ記録された検量線が使用されます。読み出しは、バラディスRADFET VT01にDC電流(10数μAの範囲)を強制的に流し、DC電圧(0.5~0.8ボルトの範囲)を測定することによって行われます。

VT02は、ESA(欧州宇宙機関)、NASA(アメリカ航空宇宙局)、JAXA(宇宙航空研究開発機構)など、世界中の多くの宇宙機関で使用されています。

重要情報:VT02 RADFETは、1cGy(1rad)から1kGy(100 krad)までの広範囲なダイナミックレンジを持っています。本製品の機能と限界を十分に理解するために、データシートをご覧ください。

RM-VT02-A

バラディスRADFETモジュール RM-VT02-A

8リード・セラミック・サイドブレイズ・パッケージに400nm RADFETを使用
1cGy(1rad)~1kGy(100krad)の線量に対応

RM-VT02-Aは、バラディスVT02 RADFETのために特別に設計され、温度による閾値電圧のドリフトを最小限に抑えるために、電流源を部品ごとに調整し、最適化されています。

線量3mGy(0.3rad)~10Gy(1krad)

プラスチックケーシング

バラディスRADFET VT03

6リードSOT-23プラスチックパッケージの1 μm RADFET
3mGy(0.3rad)~10Gy(1krad)の線量に対応

RADFETの臨界領域はゲート酸化膜です。ゲート酸化膜における放射線誘起電荷の生成と捕獲により、放射線被爆はRADFETの出力電圧を変化させ、この変化は放射線量に関連します。RADFETの応答は非線形であり、線量を読み取るにはあらかじめ記録された検量線が使用されます。読み出しは、バラディスRADFET VT03にDC電流(10数μAの範囲)を強制的に流し、DC電圧(5~9ボルトの範囲)を測定することによって行われます。

RM-VT04

バラディスRADFETモジュール RM-VT03-A

6リードSOT-23プラスチックパッケージの1μm RADFETを使用
3mGy(0.3rad)~10Gy(1krad)の線量に対応

RM-VT03-Aは、バラディスVT03 RADFETのために特別に設計され、温度による閾値電圧のドリフトを最小限に抑えるために、電流源を部品ごとに調整し、最適化されています。

セラミックケーシング

バラディスRADFET VT04

8リードセラミックサイドブレイズパッケージの1 μm RADFET
3mGy(0.3rad)~10Gy(1krad)の線量に対応

RADFETの臨界領域はゲート酸化膜です。ゲート酸化膜における放射線誘起電荷の生成と捕獲により、放射線被爆はRADFETの出力電圧を変化させ、この変化は放射線量に関連します。RADFETの応答は非線形であり、線量を読み取るにはあらかじめ記録された検量線が使用されます。読み出しは、バラディスRADFET VT04にDC電流(10数μAの範囲)を強制的に流し、DC電圧(5~9ボルトの範囲)を測定することによって行われます。

RM-VT04

バラディスRADFETモジュール RM-VT04-A

8リードセラミックサイドブレイズパッケージの1μm RADFETを使用
3mGy(0.3rad)~10Gy(1krad)の線量に対応

RM-VT04-Aは、バラディスVT04 RADFETのために特別に設計され、温度による閾値電圧のドリフトを最小限に抑えるために、電流源を部品ごとに調整し、最適化されています。

線量 1Gy(100rad)~10kGy(1Mrad)

プラスチックケーシング

バラディスRADFET VT05

6リードSOT-23プラスチックパッケージの100 nm RADFET
1Gy(100rad)~10kGy(1Mrad)の線量に対応

RADFETの臨界領域はゲート酸化膜です。ゲート酸化膜における放射線誘起電荷の生成と捕獲により、放射線被爆はRADFETの出力電圧を変化させ、この変化は放射線量に関連します。RADFETの応答は非線形であり、線量を読み取るにはあらかじめ記録された検量線が使用されます。読み出しは、バラディスRADFET VT04に、DC電流(10数μAの範囲)を強制的に流し、DC電圧(2.1~3.5ボルトの範囲)を測定することによって行われます。

重要なお知らせ VT05 RADFETは、1Gy(100rad)から10kGy(1Mrad)の広いダイナミックレンジを持ちます。本製品の能力と限界を十分に理解するために、データシートをご覧ください。

セラミックケーシング

バラディスRADFET VT06

8リードセラミックサイドブレイズパッケージの100 nm RADFET
1Gy(100rad)~10kGy(1Mrad)の線量に対応

重要情報:VT06 RADFETは、10Gy(1krad)から10kGy(1Mrad)の広範囲なダイナミックレンジを持っています。本製品の性能と限界域を十分に理解するために、データシートを再確認してください。

重要なお知らせ VT06 RADFETは、1Gy(100rad)から10kGy(1Mrad)の広いダイナミックレンジを持っています。本製品の性能と限界を十分に理解するために、データシートをご覧ください。

ラドフェット・デジタル読み出しモジュール

VT-DRM(S) フロントチルト ホワイト 7O9A2040

RADFETデジタル読み出しモジュール

欧州宇宙機関(ESA)とのパートナーシップにより設計されたVT-DRM(S)は、様々なRADFET技術に最適化されたRADFET読み出しを提供することを目的とした全電離線量(TID)測定モジュールです。VT-DRM(S)は、100nmと400nmのRADFETを様々なセンスモードで利用し、リードアウトと照射(センス)モードの両方をカバーします。

このモジュールはデジタル化されたしきい値電圧を出力し、この電圧は積算放射線量に直接関係します。温度によるしきい値電圧のドリフトを補正するように設計されており、VT-DRM(S)は広い温度範囲にわたって安定した読み出しを提供します。VT-DRM(S)はホストと簡単に統合できます。VT-DRM(S)は標準SPIプロトコルまたはisoSPIでホストと通信します。

ラジフェット出力電圧測定

RadfetReaderPro

RADFET Reader Pro

 RADFETの出力電圧測定用 

RADFET Reader PROは、バラディスRADFETの出力電圧を測定するために設計されたバッテリー駆動型の手元で操作する線量測定器です。

RADFET Reader PROは、現在宇宙用アプリケーションとして使用されている新しい技術に基づいて構築されており、パッシブシステムの利便性とコスト面のメリットを提供する一方で、アクティブ線量計の付加価値を持っており、より高額で大型なデバイスと同じレベルの機能性を持っています。

以下のバラディス製品と互換性があります:

  • バラディス 400nm RADFET
  • バラディス100nm RADFET
  • バラディス1μm RADFET